プロデザイナーを目指すあなたへ

こんにちは!

デザイン教室フーコは、「プロデザイナー」を目指す方のためのマンツーマン型のデザイン教室です。PhotoshopやIllustrator、InDesignといったグラフィックソフトの使い方はもちろん、デザインの現場で必要になる知識や技術を、出版社で現役のデザイナーとして活躍する先生から学ぶことができます。

あなたの夢や目標はどのようなものですか? デザイン会社や出版社への就職、それとも独立してフリーランスのデザイナーになることでしょうか。

デザイナーは人気の職種です。たくさんの人がデザインでご飯を食べることを志します。ところが実際にデザイナーとして活躍できる人はほんのひと握り。多くの方は夢半ばで挫折していきます。いったいなぜでしょう?

それは「見た目のキレイなデザイン」と「ビジネスで求められるデザイン」を混同、勘違いしていることに原因があります。

デザインの目的は「キレイでカッコイイもの」を作ることではありません。デザインの目的は「ビジネスツールとしてクライアントの課題を解決すること」です。

たとえば「売上を増やす」という課題を持ったクライアントがいたとします。この場合のデザインの目的は「売上が増やせるデザイン」となります。売上が増やせるデザインであれば必ずしもキレイでカッコイイものである必要はありません。「見た目はダサいけれどすごく売れる」のであれば、意図的にその「ダサさ」を作るのがデザイナーの仕事です。この「意図的に」という部分。クライアントの課題に対して「適切なデザインを意図的に作ること」ができるかどうか。これができるかできないかで、デザインでご飯が食べていけるかどうかが決まります。

ではどうしたら「意図的なデザイン」はできるようになるのでしょう? その答えは「デザインの現場経験を積むこと」です。実際のビジネスの現場で、デザインがどのように機能するか、デザインがどのような役割を果たすかを知り、学ぶ必要があります。

意図的なデザインは自分ひとりだけでは身につけられません。なぜならデザインは「コミュニケーション」だからです。クライアントの言いたいことを代弁し、お客さんにビジュアルなどを用いてわかりやすく説明する。これがデザインの役割です。そしてコミュニケーションの技術は、自分以外の誰かとのやり取りの中でしか向上させることができません。誰かに見せて反応をもらい改善していく。意図的なデザインをする技術は、このような人と人とのコミュニケーションの中でしか磨くことができません。

私たちデザイン教室フーコは、意図的なデザインができる人を育てることを目的としています。つまりそれは職業としてデザイナーを選び、デザインでご飯をたべていける人を育てるという意味です。

出版や印刷、Web制作の現場で培われたデザイン経験豊富な先生と、デザイナーを志すあなたとのコミュニケーション。どうしてこのデザインが良いのか、どうしてこのデザインがダメなのか、どうデザインを考えるべきなのか、どういうデザインを避けるべきなのか。

要点をおさえたプロデザイナーの先生とあなたのコミュニケーションは、通常の何倍もの速さであなたを「意図的なデザイン」ができる人材へと押し上げてくれます。

さあ、デザインでご飯を食べていく覚悟はできましたか?

まずはお気軽に無料相談におこしいただき、「デザイナーになりたい!」と願うあなたの夢や目標をおきかせください。相談の結果、もし教室に通学されなかったとしても、私たちはあなたが夢や目標を叶えるためのアドバイスが少しでもできたなら、デザイナーの先輩としてうれしく思います。

教室でお待ちしています!

FUCO